応急処置を行なってトイレの配管の水漏れ修理に備える

トイレの水漏れ修理ならば専門家に任せれば解決できます

水漏れ修理業者が来るまでトイレの配管を応急処置

トイレの配管の水漏れ修理は、修理業者に相談して直してもらうことが一番です。ですが、修理業者が駆けつけるまで水漏れはそのままの状態です。水漏れを放置したままにするのではなく、自分で応急処置を行なうなどの対策が大切です。

トイレの配管からの水漏れを応急処置

配管で水漏れが起きた際に、水漏れ箇所が目で見て確認できる場合はタオルを使用します。配管の漏れている箇所にタオルを巻きつけて、床に水が漏れないように処置することが大切です。壁や床にある配管から水漏れの場合は、タオルを巻くなどはできないため止水栓を止めましょう。配管が壊れている場合は、水を止めないと常に水が流れている状態になりますから、水道代も高くなります。ですから、すぐに水の流れを止める必要があります。

トイレの水漏れ修理までの流れについて知ろう

水漏れ修理までの一連の流れ

電話で問い合わせる

トイレで水漏れが発生した際は、電話相談で詳しく説明することが重要です。配管に問題があると分かれば、駆けつけてその日の内に修理を行なえます。他にも、配管の種類やトイレのメーカー、型番なども説明しておけばスムーズに対応できるのです。電話相談の内容から、概算見積もりを出すこともできます。

現地調査

電話相談を受けた後に、現地に駆けつけて水漏れについて詳しく調査をします。トイレの配管にどのような問題があるのか、他にも水漏れを引き起こす原因がないかを調べてくれるのです。現地調査が終わった後に、お客様に原因と水漏れ修理の内容を説明します。交換が必要な場合は部品の説明を行ない、作業の手順など細かい説明をするので分からないことがあれば業者に質問をしましょう。

TOPボタン